自宅脱毛でおすすめのアイテムと方法

私は、自宅で脱毛をするのに、さまざまなアイテムを使っています。正確には、これまでさまざまなアイテムを使ってきました。
カミソリ・毛抜き(ピンセット)・電気シェーバー・脱毛テープ等などです。

しかし、それぞれのアイテムにはデメリットもありました。

たとえば毛抜きなら、生えてくる周期はたしかに他の方法より遅くなりますが、どんどん毛が太く濃くなってくるし向きもちぐはぐになります。そしてとてつもなく時間がかかります。

カミソリや脱毛テープは、毛抜きより時短で自己処理できますが、肌への負担が心配です。
実際に、何度もカミソリ負けやテープ負けをして痛い思いや赤くなって恥ずかしい思いをしました。

電気シェーバーを使ってみる

自宅での脱毛を何年もあらゆる方法で続けた結果、私は、これらの方法よりも電気シェーバーが一番良いのでは、という結論に至りました。

電気シェーバーは時短でできて肌負担も少なく、仕上がりもきれいだと感じたからです。

電気シェーバーのデメリット

電気シェーバーにもデメリットがありました。
それは、直線の刃の部分でのお手入れでは、形状的に剃り残しがでてしまうことでした。

自分にあった電気シェーバーに出会う

試行錯誤しながら自己処理をしていたとき、私は画期的な電気シェーバーの存在を知ることになりました。

それは、美容家電の大手であるパナソニックと、脱毛サロンの国内最大手のミュゼプラチナムがコラボで作った、自己処理のしやすさを極めた電気シェーバー、「フェリエ」(ミュゼプラチナムコラボ)というアイテムです。

このフェリエは、一般的な電気シェーバーと形状や特性が異なります。

まず、一般的な電気シェーバーが直線的なフォルムであるのに対し、フェリエはバナナや三日月のように曲線的なフォルムをしています。脱毛時に持って体に沿わせやすい形状です。

さらに、刃の部分となるヘッド部分が、なんとスイングするのです。スイングさせることによって、顔や膝や肩周り・デリケートゾーンにいたるまで、これまでの電気シェーバーでは直線的すぎて剃るのに苦労した部分にもぴったり沿わせながら、きれいに脱毛していくことができるのです。

もちろん、パナソニック製の美容家電だけあって、ある程度の剛毛を処理していっても今のところ壊れたり精度が落ちるといったトラブルもありません。

家庭での自己処理は、数日に一度は必至の根気のいる作業です。

かかる時間、肌への負担、仕上がりなど、さまざまな面から考えても、私はこのフェリエを選んで使用してよかったなと感じています。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP