自宅で電気シェーバーで脱毛する際に注意すること

私は電気シェーバーで脱毛を行っています。
カミソリより肌への負担が少なく、楽なのでオススメです。

電気シェーバーがオススメの理由

腕や足、脇など太めの毛の脱毛は男性の髭剃り用みたいな大きめの形状の電気シェーバーを使用します。
剃るときはまず、長い毛を自分でカットします。
私は最初説明書なども読まずにそのままシェーバーを使用してたのですが、それだと電気シェーバーを当てた時に毛が巻き込まれてしまい痛いです。
また、肌への負担を減らすために電気シェーバーは毛の流れに沿うように動かします。
生えている毛をよく見ると毛の方向があるのがわかると思います。
そして剃るときは肌に対して垂直に押し当てます。ゴシゴシ押し付けないように注意します。

毛を剃った後は肌が乾燥してしまっているので、化粧水とクリームで保湿をしっかりします。脱毛後は肌が傷ついていますのでやさしく塗ります。

顔専用電気シェーバー

顔やVIOなどのデリケートな部分には、専用のシェーバーを使用します。
中にはどちらにも対応しているシェーバーもありますが、顔とデリケートゾーンの電気シェーバーを同じものにするのは衛生的にやめておいたほうが良いでしょう。顔用電気シェーバーは産毛剃りや眉を整えるのに便利です。産毛や眉周りのムダ毛を処理すると、顔色が良く見えお化粧ノリも良くなり、垢抜け感も出ます。

VIO専用電気シェーバー

VIO用の電気シェーバーは引っかかりにくいものを選びましょう。
VIOの場合、処理する前にどのような形に処理するか決めておきます。
その後蒸しタオルをしばらく当て、毛を柔らかくしておきます。
そしてシェーバーで不要な部分の毛を剃ります。
毛が長くなってしまっている場合は先にハサミでカットするとやりやすいと思います。毛が多い人や剛毛な人はすべてシェーバーで処理するのは難しいと思いますので、ハサミとシェーバーをうまく使い分けて決めておいた形に整えてください。

注意点

見えにくい部分は鏡などを使用して処理した方が剃り残しなどもなく良いでしょう。
どの部位もシェーバーを使用した後はしっかりと保湿するのを忘れないでください。
何度もシェーバーを使用すると肌が痛んでしまいます。
電気シェーバーは自宅で簡単にムダ毛が処理でき、使用している人も多いと思います。
しかし自己処理はアフターケアをしっかり行わないと、脱毛するたびに肌がどんどん傷ついてしまいますので注意が必要です。
しっかり保湿をして脱毛後の肌を整えましょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP