脱毛は忍耐です

小学校の頃に、自分は毛深いのではないかと感じるようになりました。

初めては脱毛クリーム

初めて脱毛したのは中学校の時で、カミソリを使うのは怖かったので、脱毛クリームを使いました。

シェーバー

それから少しでも毛が生えると気になるようになり、お風呂の際にシェーバーで剃るようになりました。
1度脱毛器(光をあてて焼くような脱毛器)を使いましたが、とにかく時間がかかり、毛との戦いは忍耐だと思うようになりました。
よく脱毛について調べますが、毛の流れに沿って剃るとか、毎日剃らないとかいろいろ書いてあっても、朝剃るともう夜にはちくちくしていて、もう生えていることに驚きます。
今はだいたい2~3日に1度のペースでシェーバーを使って沿っています。
年齢もだんだんと30代に近づいてきたので、よくすべるシェーバーを使い、終わったあとはNIVEAのボディクリームで肌を整えます。
よく失敗するのは指の毛と膝です。
指の毛はふとした時に気になってしまい、抜いちゃダメだとわかっていながらも、ピンセットなどで抜いてしまいます。
その結果、最初な何もなくすっきりするのですが、だんだんと黒いポチっとしたものができ、完全に皮膚の中に入ってしまうのです。
そうなると爪でこすってなんとか毛を出して処理しようとしてしまうので、赤くなってしまったりヒリヒリと痛くなってしまったりします。
抜くのはその時しのぎになるだけで、何もいいことがありません。指の毛は伸びるまで待つということが必要だと感じています。

膝の脱毛

次に膝の脱毛ですが、いつも切ります。
丸くなっている部分をどう滑らせてもうまくできません。
なのでいつもちょっとずつ動かして剃りますが、なかなかそれなくてだんだん腕も疲れてきます。
すると手が滑って切ってしまって、脱毛は本当に大変な作業だと痛感しています。

今でも不安

友達の中には永久脱毛をしている人もいますが、話を聞くと通い続けなければいけないというのと、お金がすごくかかるというのばかり聞いて、通ったのにしばらくするとまた生えてきたという友達もいました。そういう話を聞くと、家で頑張れば処理できるのにそこまでするのもなと思います。あと広告もたくさんありあまり信用できませんし、どれが1番いいのか全然わかりません。
ただ、自分で処理するので大変なのは、自分の見えない箇所ができないということです。
背中や首の後ろがどうなっているのかすごく不安です。ただ、人に見せる機会も今はないので、見える部分は疲れても辛抱強く、これからも綺麗に剃りたいです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP